横須賀でセフレは保護を受けていた

by , under 横須賀

横須賀でセフレ府日本安全保障省と他の人は彼が不法福祉の保護を受けていたと主張し、4月14日ライフスタイル保護法違反の疑いで、大阪市淀川区新-KO、一時的なショップ管理会社は派遣、達夫石川(47)を愛しました。受付を手伝ってくれる淀川生命保健協会など10箇所を検索した。

昨年11月に愛されたのは、横須賀でセフレに食堂を運営し収入を得ても淀川区役所に収入がなく、市から12月の保護費用が約14万人という虚偽の宣言であった。 a円。

(サンケイ新聞02/14 15:05)

1ヶ月29万円の生活保護が困難な2人の子供の母親が魅力的な朝日の記事を聞く

月29万円の生活保護のため、劣等感を持たずに2人の子供を育てることは難しい。大阪府に居住する母親を紹介する朝日新聞社大阪版の記事では疑問がある。

この記事は、「貧困対策」と題された2013年3月6日朝刊の朝刊に大きく掲載されています。

●授業料40,000円、衣類費2万円…
それによると、母親は2012年7月に夫と離婚し、3人の中2人の娘(14歳)、小5歳の長男(11歳)の賃貸住宅に住んでいた。しかし、横須賀でセフレは児童扶養手当を受けていません。私の長女は会社に行くことを拒否しており、私は仕事に就くことはほとんどできません。

Leave a Reply