空気感に役割があった神奈川の出会い

by , under 未分類

鮮魚いいお店、肉良いお店
きっとこんな感じですか?

まあ神奈川の出会い

私は言うことなしに私が言うことに耳を傾ける
私の役割は車を運転して荷物を抱えることです

その日は入り口に自転車とおばあちゃんがいました

神奈川の出会いそう

あなたの近くに買い物袋がありました

神奈川の出会い私の祖母
荷台まで持ち上げることができなかった状態で…困った空気感がありました
高さ約20 cmの段ボールと10 kgの米

もちろん、私はそれを荷台に積んで私に渡しました。

ええと、私にゴム紐をくれ…

それから
あの祖父「お兄ちゃん…すみません」は………

 

 

ええと…私はあなたの兄弟ですか?

神奈川の出会いそして、私は不注意に連れて行かれました

ボーナスに100円を追加し、男でも購入
なに…あなたが言うならば…それは動揺している…

しかし、あなたがよく考えるなら神奈川の出会い

私は荷台に置くことができないので…
私は家に着いて、「私はそれを下げることはできません」と尋ねました、なぜ私は疑問に思いました
どうしましたか?

自転車なので距離ではありません
まあ、私はそれを私の車の中に持っていくべきですか?いつ…

しかし、ある冬の日
同じスーパーマーケットの曲がった祖母…
私はとても重いものを買ったバッグをドラッグしていました

私が祖母に言うと、「荷物を持って行きましょうか」と。

何度も私は「いい、いい」と言って断られました…

確かに、あなたはそれが不審者によってとられると思いましたか?

それはあなたのために細心の注意を払います

神奈川の出会い以前、ある人が車椅子の日記を書いていました
私はあなたが手を貸すかどうかについて話しています…

Leave a Reply