軽くセフレは神奈川を楽しみました

by , under 未分類

修道院からも、「セフレ」の音の変化からも。野を滅ぼす鳥や獣を脅かす装置。
流水を竹製のセフレに導き、水がたまるとシリンダーが自重で傾いて水が流れ出し、軽く跳ね返ると石にぶつかり音を立てます。その後、庭に設置され、音を楽しみました。

神奈川でセフレ

修道士は永遠に水の上に座ります
(高野純)
温水または澄んだ水の中
(下村裕太)
新月は水に輝く
(セフレ)
幻の水が見える
(泉鏡花)
ソエズは歌っている
(佐藤綾子)

田んぼが成長し始めてから、昨日から猛禽類の声に似た脅迫的な音を出す機械が設置されました。

しかし、早朝から他の鳥がお互いに歌います。

Leave a Reply