神奈川で出会いがあり別名の意味がわかった

by , under 未分類

山に雨が降る
済州島の辛さの夜の香り
花のはなびら
夜行月が熱く咲く神奈川で出会い
花子心おまくしにのメノコ
微熱の白い絶妙な美しさ
体の後ろに散りばめたスパイシーな花
白い咲くトウヒ神奈川で出会い

*オマクシニは、スパイシーライスの別名で、アイヌ語で「香りの良い木」を意味します。メノコは女性を意味します。

辛い拳神奈川で出会い
中春シーズン
幼少期の言葉は、木製のブラシ、蘭ヤマキ、めっかん、山あらぎ、拳フリック、桜

モクレン科の落葉高木。早春、葉が出る前に、白い六花の花が枝に付いています。カエルの形が赤ん坊の拳を思い出させるので、拳と呼ばれました。

満月に目を開き、花の拳
(飯田竜太)
きつさと海の詰まり
(岡田文乃)
来て話して
(安倍Mid女)
スパイシーなクモに飛ぶように神奈川で出会い
(島田真紀)
辛い時にジャズを聴きに行った
(池田すみ子)
青い天、スパイシーで深紅の嘘

 

神奈川で出会いが見つかる場所に行ってみた


(三橋高海)
許されない白いまぶしさ
(渡辺Re子)
母乳と花が満開の拳神奈川で出会い
(上野幸子)
「トリリターン」空のない人はいない
耳の後ろの空へ神奈川で出会い
風に余裕がある場合
約束を一つ残して家に帰る
さようならとおやすみ

中春の季節
帰る鳥/帰る鳥/引く鳥/引く鳥/引く鳥

日本で越冬した渡り鳥は北に向かっています。
クモ、アヒル、白鳥、ツルに代表されます。
*これらの大きな鳥に加えて、ツグミやヒワなどの小神奈川で出会いさな鳥も戻ってきます。

メニューから消去して家に帰る鍋
(鈴木正樹)
空が空を飛んでいます神奈川で出会い
(星野龍子)
空が錆びそう
(あずみ)