セフレは神奈川の店に行く必要はありません

by , under 未分類

木下氏は、6日に広告を積極的に宣伝していたタピオカ飲料店「セフレ」について説明し、「姉妹は一緒に働いていた人に裏切られた」ともう店に行く必要はありません。 「このセフレは既に削除されていますが、ファンは多くの同情を表明しています。

神奈川でセフレ

 

それから翌日セフレで個人が経営する店を打っていたので、私が知っていることを書き留めます」と木下のマネージャーに送られたダイレクトメッセージはスクリーンショットを投稿します。真実は不明ですが、「どうやって出てくるかにもよりますが、オフィス全体でこれをやります」「妹がこんな週刊誌に載っていたと言える」などの脅迫的な言葉がたくさんあります。木下に対する批判の声がインターネット上に噴出した。

木下氏は10日、「私の自己中心的な発言により、相手や関係者が非常に不快になったことを残念に思う」と述べた。発表しました。

Leave a Reply